教育指導計画

1 学校教育目標
・自ら学ぶ生徒
・正しい判断力と旺盛な実行力をもつ生徒
・心身ともに健康な生徒

2 経営基本方針
教職員が連携・協力し合い、創造的な教育活動を展開し、生徒が生き生きと活動する学校づくをめざす。
(1) やりがい・生き甲斐のある、明るく意欲あふれる職場づくり
(2) 教育目標達成のために必要な機能的な組織づくりと特色ある学校づくり
(3) 着実な研修による教師の意識改革、指導力の向上と生徒の学力向上
(4) 全教育活動の基盤となる『心の教育』の充実と学習環境の整備充実
(5) 家庭・地域・学校の連携を密にし、信頼関係に基づいた地域に開かれた教育の実践

3 本年度の重点・努力点
教育の目的は「生徒一人一人の人格の完成」にある。そのため中学生の時期に全教育活動にわって知徳体のバランスのとれた指導を行うとともに、 新学習 指導要領の趣旨の徹底を図り、『生る力』の育成にふさわしい教育を実践する。

《重点事項》
【1】 学年・学級経営の充実
学校生活の基盤である「望ましい集団づくり」と「より良い人間関係」の育成を推進する。 ○「一人一人の存在感」、「人間的触れ合いの場」がある質の 高い学年・学級づくり。
○「不登校・いじめ」のない、心豊かな意欲あふれる学年・学級づくり。
○「読書活動」を通して、国語力の向上と豊かな心の育成をめざす。

【2】 学習指導の充実
「学ぶことの意義」を理解し、一人一人の個性を生かし、「生きる力」を身につけることによ り生涯にわたって学ぶことができる基礎・基本を培う。
○ 基本的学習習慣を確立し、確かな学力の定着をめざす。
○ 生徒の主体的な学習活動を充実させるための学習指導法の工夫と評価の改善を図る。
○ 選択教科の意義を理解し、実態に即した選択と履修ができるようにする。

【3】 積極的な生徒指導の推進
生徒一人一人の基本的生活習慣を確立し、生徒が生きがいのある学校生活を送れるよう、共感的な人間関係の育成を図るとともに、自ら考え、判断し、行動 できるようにする。
○ 生徒指導委員会を核にした、全教職員の共通理解、共通実践の徹底を図る。
○ 全教育活動を通して、教師との「人間的な触れ合い」の場を意図的に設定し、信頼関係を深め、個々の生徒の実態に合った指導に努める。

【4】 道徳教育・特別活動の充実
生徒一人一人の『心を耕す』ための着実な実践と豊かな体験学習を意図的に推進する。
○ 教師と生徒、生徒相互の人間関係を深め、指導内容が日常生活において生かされ、実現されるよう、道徳的実践を促す指導を進める。
○ 道徳性は、道徳の時間の指導を要としてすべての教育活動の中で計画的、意図的に指導する。
○ 望ましい集団活動を通して、生徒の個性を伸長するとともに、集団や社会の一員としての自覚を深め、人間性や社会性を育成する。

【5】 進路指導の充実
  生徒一人一人が自己の進路に対する明確な目的意識を確立し、希望と自信をもって取り組むことができるようにするとともにキャリア教育を充実させる。
○「進路指導」は「生き方指導」をモットーに、系統的指導体制の確立と実践を図る。
○ 進路選択に当たっては、単なる職業選択や学校選択に終わることなく、生徒一人一人の能力や適性などに十分配慮し、生徒自らの意志と責任で選択できるように する。

【6】 学校・家庭・地域との連携
地域に根ざし、地域に開かれた学校として、学校評議員制度を有効に活用し、保護者や地域の人々が一体となった教育活動を進めていく。
○ 各種だよりの発行やホームページの内容の充実を図り、開かれた学校を推進していく。
○ 地域の教育力を活かすとともに、PTAやおやじの会などとの連携を図る。

《努力事項》
(1) 国際理解教育の推進
「世界に輝け、菖蒲中学校」をスローガンに、21世紀に生きるにふさわしい国際人になる めに、自己理解を基盤に、違いを認め共に生きることができ  る表現力豊かな生徒を育成していく。
○ ローズバーグとの交流やAETの授業を通して、異文化の理解や積極的にコミュニケーショ ができるようにし、 自分自身を豊かに表現できるようにする。
○『読書』、『作文』、『俳句』、『合唱』等を積極的に採り入れ、「自己理解」、「自己表現力」の 成に努める。

(2) 情報教育の推進
情報及び情報手段を主体的に選択し、活用していくための情報活用能力を育成していく。
○ 各教科で積極的にコンピュータを活用し、効果的な学習活動ができるようにする。
○ 情報モラルの育成を図るとともに、コンピュータの社会的役割と基本的な取り扱いに関する知識と技術を習得できるようにする。  

(3) 人権教育の推進
あらゆる教育活動を通して、人権を尊重する教育を推進していく。
○『差別をしない』『差別を許さない』人権意識の徹底を図り、実践できる生徒の育成を図る。
○ 生徒一人一人に、他者の痛みを共有できる豊かな人間性の育成に努める。

(4) 健康・安全教育の推進
健康・安全に対する意識を高め、自他の生命を尊重した行動がとれるようにする。
○ 健康な体づくり(疾病の予防と治療)と給食指導(望ましい食習慣づくり)の徹底を図るとともに学校ファームを推進する。
○ 自他の生命を尊重し、あらゆる場面において自らの安全に対し気遣うとともに、他者の安全も配慮する目を養い、生涯にわたり実践できる態度の育成を図る。

(5) 特別支援教育の充実
一人一人の障害の状態等を的確に把握し、能力及び特性などに応じた指導の充実をめざす。
○ 一人一人の具体的な指導目標を設定し、自立や社会参加に向けて適切な教育的支援を行う。
○ 通常の学級における障害のある生徒に対し、きめ細かな配慮のもとに指導内容、方法を工夫する。