久喜市立久喜東中学校    Kukihigashi Junior High School  トップページへ


 学校概要 学校教育目標 学校だより 行事予定 教育活動 学校支援
校長挨拶
沿革
校歌
学校紹介
◆学校教育目標
◆アクションプラン
◆学校アンケート
◆学校だより
◆保健だより
◆行事予定 ◆活動の様子
◆生徒会
◆部活動
 
◆PTA
◆学校応援団

校長挨拶 
校長 寺井 進一郎

本校は、久喜市の北東部に位置し、花や緑が美しく、市民憩いの場となっている青葉公園に隣接した閑静な住宅街にあります。昭和51年度、久喜中学校の生徒の増加に伴い、643名の生徒をもって本校が創立されました。その後、生徒数の増加が続き、昭和60年度には,本校から分離して太東中学校が新設されました。平成29年度当初、生徒数365名、教職員数32名でスタートしました。

本校の教育目標は、「自学 友愛 情熱」です。そして、教職員は「師弟同行」「率先垂範」「凡事徹底」を共通行動として掲げ、生徒とともに学習や部活動等で活気のある教育活動を展開しています。また、「花・緑・歌・絵」のある学校をキャッチフレーズに、心の和む環境づくりに努めています。

久喜市では、現在、市内全小・中学校で「小中一貫教育」に取り組んでおり、本校は学区内の青葉小学校、青毛小学校とともに「久喜東夢学園」を構想・形成し、義務教育9か年の系統性のある教育課程の編成・実施に着手しているところです。

また、本・平成29年度から「コミュニティスクール(学校運営協議会制度)」の取組がスタートし、保護者や地域の皆様の御意見を反映した地域とともに歩む学校づくり≠目指しています。

生徒や保護者、地域の皆様に信頼され、愛される魅力ある学校となるよう「久喜東中学校アクションプラン」を策定し、教職員が一丸となって努めてまいります。どうぞ、皆様方の温かい御支援・御協力を賜りますようお願い申し上げます。


沿革 

     

校歌 
                                

作詞者 濱 梨花枝

大正元年埼玉県行田市生まれ。本名榎本美佐夫 昭和6年東京家政学院卒業。師・池田亀鑑の推薦で与謝野晶子入門。久喜市が誇る女流歌人。昭和41年「青遠」創刊主宰現在に至る。埼玉県歌人会常任理事、日本歌人クラブ中央幹事。現代歌人協会会員。埼玉県総合行政施策審議会委員、埼玉県図書館協議会副会長、埼玉新聞、聖教新聞他の歌壇選者、等を歴任。歌集・著書多数、また、埼玉文化賞、埼玉県文化功労者知事賞を受賞する。一般の志により埼玉「風土記の丘」に歌碑が建立される。勲五等瑞宝章受賞。

作曲者 團 伊玖磨

作曲家。大正13年東京生まれ。昭和20年東京音楽学校(現東京芸術大学)卒業。橋本国彦、諸井三郎らに作曲を師事。「交響曲イ調」でNHK創立25周年記念管弦楽懸賞特別賞を受賞し注目を集める。昭和28年黛敏郎、芥川也寸志とともに「三人の会」を結成、同会で「ブルレスク風交響曲」「管弦楽組曲「シルクロード」などを発表。オペラ「夕鶴」代表されるようにオペラと管弦楽作品を発表。「ぞうさん」などの童謡や、歌曲「花の街」のように広く親しまれている歌曲も多数残す。随筆家としても知られた。昭和48年芸術院会員、平成11年文化功労者。




学校紹介
□ 絵のある学校  校内には、生徒の作品をはじめ、著名な画家の作品がたくさん掲示されています。下の絵画ほんの一部です


□ 緑のある学校  紅葉の風景です

みごとな「はぜ」の紅葉です

たくさん昆虫が遊びに来ます

絶滅危惧種とされている、秋の七草「フジバカマ」が校内に咲いています

合歓の花
6月現在、満開です


□ 花のある学校 
  教職員による、2人3鉢運動を実施しています。2人1組になって、3つのプランターの草花を管理するものです。春には様々な花を、秋にはパンジーを全職員で 植えました 
  校内の花壇にはたくさんの花々が咲き誇っています。花の苗は職員が種をまき育てたものですまた、冬の期間はパンジーを中心に年間花が絶えません




  〒346−0013   埼玉県久喜市青葉3−4−1 Tel 0480-22-1213 Fax 0480-24-1782
 さわやか相談室 Tel・Fax 0480-25-1120

本サイトに掲載された情報やコンテンツを無断で使用することは御遠慮ください。

Copyright (C) 2004 ,2011K-HJHS All rights reserved